1. TOP
  2. サブウェイタイルシールを使ってトイレを簡単プチリフォーム

サブウェイタイルシールを使ってトイレを簡単プチリフォーム

発売以来、本格的なタイルDIYが簡単に楽しめると大好評いただいているモザイクタイルシール。
SNSでもDream Stickerのモザイクタイルシールで素敵に大変身した様子、嬉しいお言葉がたくさん投稿されております。

今回はその中で、センスの光るインテリアで大人気のインスタグラマーasasa0509様のセルフリフォームの様子をご紹介したいと思います。

サブウェイタイルシールを使って原状回復可能なDIY

before

今回asasa0509様がセルフリフォームに挑戦した場所は2階のトイレです。
DIY前のお写真ですが、両サイドのエコカラットタイルがシックで素敵な印象ですね。
手つかずだったトイレをもっとおしゃれな空間にしたい!と正面の壁一面をサブウェイタイルを使ってプチリフォーム開始です。

モザイクタイルシール 使用前

下地にカラーボードを利用する

この場所をDIYするにあたりスペースの狭さで作業がしにくいとのことで、ダイソーでも販売されているカラーボードを下地として利用する方法でセルフリフォームに挑戦です。

壁を採寸して必要枚数、カラーボードを揃えます。
カラーボードの材質はポリスチレンで、とても軽くカッターでも簡単にカットが可能なので、好きな大きさにすることができます。
ただし、カッターの刃の切れ味が落ちていると断面がボロボロになってしまうのでご注意ください。

写真のようにカットして大きさを調整して貼り合わせていきますが、つなぎ目はマスキングテープで固定が可能です。
カラーボードを壁一面すべてつなぎ合わせてしまっては、大きすぎて戻すときに大変になります。
そのため作業しやすいように、カラーボード青面と黄色面の2パーツにあらかじめ分けています。
わかりやすいように色分けしてくださいました。

サブウェイタイルシール 原状回復 工程

サブウェイタイルを貼り合わせる

サイズを確認したらカラーボードの青パーツと黄色パーツを外して、十分な作業スペースがある場所で、カラーボードの上からサブウェイタイルシールを貼り合わせていきます。

この時、サブウェイタイルシールの端をまっすぐになるようにカットして、端から貼り合わせます。
このタイルシールは本物のタイルのようでありながら、はさみやカッターで簡単に切ることができます。

サブウェイタイルシール DIY 工程

サブウェイタイルシールの凸凹はパズルのようにピッタリはまり、左右につなぎ合わせていくことができます。
目地部分のシールが曲がらないようにまっすぐ重ね合わせていくと、つなぎ目が自然で綺麗に仕上がりますよ。

サブウェイタイルシール DIY 工程

カラーボード全体にサブウェイタイルを貼り合わせていくと、こんなに綺麗に仕上がります。
広いスペースで作業することで、より綺麗に効率よくシール貼りをすることができますよ。

「サブウェイタイルシールの貼り方」より詳しくはこちら

タイルの壁に憧れはあっても、タイル貼りのDIYは準備から片付けまで、とても大変な作業で気軽に挑戦できませんよね。
Dream Stickerのモザイクタイルシールだと、サイズに合わせてカットして、台紙を剥がして貼り付けていくだけの簡単作業。
そして費用も低予算に抑えることが可能です。
DIY初心者の方でも、憧れのタイルを気軽にインテリアに取り入れることができるのが最大の魅力ですよね。

今回リフォームした壁は幅77㎝×高さ220㎝で、窓の分を除くとタイルシールの使用枚数は20枚です。
まとめ買いは割引率が高く、お得に購入することができますよ。

【サブウェイタイルシール】お得なセット購入はこちら

サブウェイタイルシール DIY 工程

いよいよカラーボードに貼り付けたサブウェイタイルを壁に戻し固定していきます。
カラーボードは柔らかい素材のため、1~2㎜大きくカットするとはめ込むだけで固定されるようです。

ただし、写真のように高さがある場合は、モザイクタイルシール自体にある程度の重量がありますので、下地の壁紙にマスキングテープで保護してから両面テープでカラーボードを固定すると、壁紙を傷つけることも、落下の心配もなく、より安心だと思います。

トイレタンクの裏は直貼りだと手が入らないので、台紙から剥がしてまっすぐつなぎ合わせるというのは、かなり困難な作業となりますが、カラーボードを利用した方法だとあらかじめ貼り合わせたタイルをボードごと貼れるので仕上がりも綺麗で失敗もないですね。

サブウェイタイルシール DIY 工程

モザイクタイルシールの機能性

防水、防汚効果

おしゃれなだけではなくDream Stickerのモザイクタイルシールは防水、防汚効果にも優れています。

そのため、手洗いで水ハネしがちな壁にタイルシールを貼ることで水滴や湿気、汚れから壁を守り、さっと拭くだけで綺麗なタイル壁面を維持することができるのです。

耐熱効果

今回ご紹介した方法は原状回復が可能なので、賃貸の方にも安心してタイルのDIYを挑戦していただけます。
一点注意していただきたいのは、Dream Stickerのモザイクタイルシールには120℃までの耐熱効果があり、商品自体は火の元から15cm以上離すことで安全にお使いいただけます。

ですが、今回下地に使用されたカラーボードには耐熱効果はありません。
熱に弱く溶ける材質ですので、ご紹介した方法をキッチンやストーブ付近などの熱がこもる場所には推奨できません。

Dream Stickerのモザイクタイルシール自体、コンロ周りなど温度が高くなる場所や水がかかるような場所でも剥がれないように粘着力がしっかりした商品なので、壁紙に直接貼る場合などは剥がすときに一緒に剥がれる恐れもあるのでご注意ください。

鏡やタイル、陶磁器、ホーロー、ステンレスなど表面がツルツルした素材の上から貼った場合には、貼り直しができる場合があります。
シール残りのベタベタが気になる際には、市販のシール剥がし液で拭き取ることができます。

タイルの様なのにビスが打て、カットも自由自在

まるで本物のタイルを貼り合わせたような仕上がりですが、自由自在にカットが出来たり、写真のように棚を設置するためにビスを打ち込むことも可能です。

窓枠や配管など障害物があっても直線や斜めにカット、丸くカットも問題なく出来るので、複雑な形の場所でもタイル壁面にすることができます。
また、タイル壁面にビスが打ち込めるとなると、DIYの幅が広がり、オリジナリティのある工夫も出来るようになりますね。

サブウェイタイルシール 機能的

 after

窓枠も雑貨もプラスして本当に素敵なトイレに大変身です。
一面だけを黒にしたことでグンとおしゃれ度が増しています。

ガラスタイルの様なツヤツヤな質感は光によって表情を変え、両サイドのエコカラットタイルとの相性も抜群ですね。
高級感がさらにアップした印象を受けます。

サブウェイタイルシール DIY after

いかがでしたか?
とても素敵なセルフリフォームをご紹介しました。

熱がこもらない場所で、現状回復が必要、トイレなど作業しにくい狭いスペースには是非、asasa0509様のアイデアを参考にされてみてはいかがでしょう。

セルフリフォームに挑戦してくださったasasa0509様からも、「シールなのに本当のタイルのような雰囲気になり大変満足しています。手軽に貼れて作業も簡単でした。」と嬉しい感想をいただきました。

今回使用した サブウェイタイルシールMTR-2 エボニーブラックのほかにもサブウェイタイルにはソリッドホワイト、アップルグリーン、ムーンベージュがあり、印象が大きく異なります。

ソリッドホワイトで清潔感あふれる明るい印象に、アップルグリーンで爽やかで可愛らしい印象に、ムーンベージュで落ち着きある大人っぽい印象に。

是非、Dream Stickerのサブウェイタイルシールで壁のイメージチェンを楽しんでみませんか。

サブウェイタイルシール DIY 完成
asasa0509様のInstagramはこちら
→ Dream Stickerのサブウェイタイルシール一覧はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

Dream Stickerの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dream Stickerの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お部屋のアクセントにオススメ♪【クッションシートフォームパネル/モールディング】の実用例をご紹介

  • トレンドのインテリアにおすすめ♪フロアシート新色「ホワイトフレンチヘリンボーン」登場!

  • ウォールステッカーで楽しむクリスマスアレンジをテイスト別にご紹介

  • クッションシートで憧れのナチュラルテイストに♪すぐできる簡単レンガ壁風DIYをご紹介

  • ベッドルームをシックな上質のインテリアに。【クッションシートフォームタイル】の活用術をご紹介

  • 憧れの北欧インテリアに!ウォールステッカーで簡単イメージチェンジ☆