1. TOP
  2. クールなブルックリンインテリアにもナチュラルインテリアにも使える!【ブリックタイルシールLBT】の貼り方をご紹介

クールなブルックリンインテリアにもナチュラルインテリアにも使える!【ブリックタイルシールLBT】の貼り方をご紹介

今大人気のブルックリンインテリア。

クールでシンプルなイメージのブルックリンインテリアは、どことなく無機質で無骨な雰囲気がとってもオシャレです。

また、自然な風合いがリラックス気分を味わえて、カフェ風インテリアも楽しめるナチュラルインテリアもブルックリンインテリアに並んで人気。

ブルックリンインテリアやナチュラルインテリアをさらに素敵に演出してくれるのがタイル貼りの壁

もちろんプチリフォームでもこのタイル貼りアレンジが大人気!

そんなタイル貼りのインテリアをDIYで簡単に取り入れることが出来るのが【ブリックタイルシールLBT】です!

平らな面ならどこにでも貼ることが出来る【ブリックタイルシールLBT】は、見た目は普通のタイル。

しかし、実はタイル風にデザインされたシール状のシートなので、タイルを一枚一枚貼ったりする工程は不要なんです。

安全基準を満たした高技術のアルミホイル素材で出来ているので、見た目はタイルでも実際は一枚のシートになっています。

そのため、貼りたい場所に合わせてハサミやカッターでカットしたり、タイルのマス目に合わせてカットして違うデザインのブリックタイルシールと組み合わせて貼ったりして楽しむことも出来ます。

写真のようにシートになっていますが、ぷっくりとタイル風の加工が施してあるので、平らなところに貼ると、リアルな素焼きのタイルの質感が再現されます。

タイルの目地部分もしっかり再現されているので、タイルを貼るために接着剤を塗ったり、目地材を流し込んで乾燥させる、なんてプロのような工程も不要!

女性でも簡単にDIYが楽しめるので、自信がない初心者さんでも失敗なくタイル貼りインテリアのリフォームを楽しめますよ♪

好みや貼る場所に合わせて豊富なデザインや形が楽しめます

【ブリックタイルシールLBT】】は豊富なデザインが揃っているので、好みのインテリアのスタイルや貼りたい場所に合わせて、様々なデザインを選ぶことが出来ます。

素焼きのようなブリックタイルが並ぶこの【ブリックタイルシールLBT】は、シート自体が長方形タイプ(13.4cm×37.6cm)になっているので、横長のスペースに貼るのにぴったり。

他にも大理石のような風合いのデザインやラフストーン(細長い石を組み合わせたようなデザイン)なども揃っているので、海外のインテリアでよく見られるアンティーク風のタイル貼りの壁のアレンジが楽しめます。

また、広いスペースに貼りたいという時には、シートが正方形タイプ(30.5cm×30.5cm)になっている【BSTブリックタイルシール】もあります。

それぞれタイルシートを貼りたいスペースに合わせて、好きな形のシートを選ぶことが出来ます。

お手入れも簡単なのでキッチンや洗面スペースのプチリフォームにもおすすめ!

【ブリックタイルシールLBT】の人気の秘密は、簡単に貼るだけでプチリフォームが楽しめるというポイントと、お手入れがとっても簡単というポイントです。

アルミホイル地で出来たブリックタイルシールは、水や汚れにも強いので、さっと拭くだけでOK!

汚れがブリックタイルシールにしみ込んでしまう、という心配もないので、汚れが気になるところや、すでについてしまった汚れの目隠しとして使うのもオススメです。

タイル貼りの壁といえば、目地にしみついてしまった黒ズミやカビ汚れのお掃除がとっても大変ですよね。

ブリックタイルシールなら、そんな場所も拭くだけでOKなので、手間のかかるキッチンのお掃除や洗面スペースのお掃除も時間短縮出来ちゃいます♪

毎日忙しいママにも大助かりですよね!

また、耐熱温度が120度なので、コンロ回りのプチリフォームにも使用可能です。

油汚れが気になるコンロ回りや水ハネが気になる洗面回りに貼って、日々の汚れ防止として使用するのもオススメですよ♪

実際に貼ってみよう♪【ブリックタイルシールLBT】の貼り方をご紹介!

壁や水回りなどのプチリフォームが簡単に出来る【ブリックタイルシールLBT】。

どれくらい簡単なのか気になるという人も多いのではないでしょうか?

プチリフォームに必要な道具や材料は?

本当に接着剤なしで貼ることが出来るの?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そして、本当にきれいに貼ることが出来るの?と不安をお持ちの方もいらっしゃいますよね。

そこで実際に【ブリックタイルシールLBT】を貼ってみましょう!

初心者の方でも簡単に貼ることが出来る【ブリックタイルシールLBT】の基本的な貼り方をご紹介します。

今回は、長方形タイプ(13.4cm×37.6cm)の【ブリックタイルシールLBT】を使って、貼り方をご説明いたします。

【ブリックタイルシールを貼る前に】タイルシールの端をカットしておく

まず【ブリックタイルシールLBT】を貼る前に、タイルシールの端をカットしておきましょう。

タイルシールは端がタイルの形状にジグザグに処理されている部分と、白い余白部分がそのまま残った部分があります。

余白部分にジグザグの部分を重ね合わせて、繋ぎ目が自然になるように貼り合わせて行きます。

こちらは端がタイルの形にあわせてジグザグに加工されている方です。

タイルシールを剥がすとこのように、タイルに合わせて端が加工されています。

こちらは端が加工されていない部分です。

こちらはタイルに合わせてカットされておらず、繋ぎ合わせるために余白部分が残されています。

貼り始めの部分を揃えるために、タイルシートの端をまっすぐにカットしておきます。

カットするのは、タイルに合わせてジグザグに加工されている方ですので、間違えないように注意して下さいね♪

【ブリックタイルシールLBT】は高品質アルミホイル地で出来ているため、見た目はぷっくりしたリアルなタイル地ですが、実は薄手のタイルシールです。

そのため、カットする時はハサミやカッターでかんたんにカットすることが出来ます。

貼りたい部分のサイズや形状に合わせてカットすることも可能なので、初めての人でも安心ですね♪

タイルの端に合わせてカットすると、長方形サイズの場合、シートサイズより約3.7cm短くなりますので、タイルシールを貼りたい場所のサイズを考慮してカットして下さい。

端をカットすると、このようにタイルの半分の大きさの切れ端が出てきます。

こちらは後ほど使用しますので、必ず捨てずに置いておいて下さい!

【1】ブリックタイルシールをゆっくりと貼って行く

端をまっすぐにカットしたら、いよいよ【ブリックタイルシールLBT】を貼る作業です!

まずは【ブリックタイルシールLBT】を貼りたい部分の汚れを拭き取っておきます。

汚れやほこりを取っておくことで、【ブリックタイルシールLBT】を貼ったときによれてしまったり、気泡が入ってしまったりすることを避けることが出来ます。

【ブリックタイルシールLBT】はシール状になっていますので、接着剤を塗ったり乾燥させたりする工程は不要!

シール台紙を剥がしてウォールステッカーのように平らな面にそのまま貼ることが出来るので、ちょっとした空き時間を使ってプチリフォームをすることも出来ますよ♪

【ブリックタイルシールLBT】を貼る時は、少しずつシール台紙を剥がして、端からゆっくりと貼って行くようにします。

【ブリックタイルシールLBT】を指の先でしっかりと押しながら貼ります。

貼り終わった後は、【ブリックタイルシールLBT】の気泡を逃すように再度手で強く押しながら貼って下さい。

これで、【ブリックタイルシールLBT】の基本的な貼り方はOKです!

【2】ブリックタイルシールを繋ぎ合わせる

次に【ブリックタイルシールLBT】を繋ぎ合わせます。

【ブリックタイルシールLBT】を隣り合わせて貼る時に、繋ぎ目が自然になるように気を付けないといけませんが、最初に【ブリックタイルシールLBT】の端をカットしているので、実は繋ぎ目も簡単にきれいに仕上げることが出来ます。

【ブリックタイルシールLBT】を横に繋げて貼る時は、端をカットしていないジグザグの部分を横に繋げて貼って行きます。

貼り始めの【ブリックタイルシールLBT】は、貼り終わりの端が余白部分が残っているため、こちらに新たに繋ぎ合わせる【ブリックタイルシールLBT】のジグザグ部分を貼り合わせるようにします。

最初に貼っている【ブリックタイルシールLBT】の貼り終わりの余白部分の上に、新たに繋げて貼る【ブリックタイルシールLBT】のジグザグ部分を重ねて貼るようにして繋げます。

シール台紙を剥がすと、タイルの形に合わせてシールの端がジグザグの形になっています。

【ブリックタイルシールLBT】の余白部分に、タイルが交互に組み合わさるようにして貼ります。

【ブリックタイルシールLBT】のジグザグ部分を、前に貼っているタイルシールの余白部分に重ねて組み合わせて貼ると、タイルシール同士の繋ぎ目の仕上がりが自然になります。

【ブリックタイルシールLBT】のタイル目地もきれいになっていますね♪

同様の工程を繰り返して、【ブリックタイルシールLBT】を繋ぎ合わせて行きます。

縦に繋ぎ合わせる時も、下にくるタイルが交互に重なるように調整して貼るようにして下さいね♪

【3】ブリックタイルシールの端の切り落としを貼って端を揃える

【ブリックタイルシールLBT】を貼り終えたら、端がきれいに揃うように最後の処理を行います。

ここで、最初に【ブリックタイルシールLBT】をカットした時に残った、タイルの切り落としを使います!

最初に捨てないでくださいね!と言っていたのは、ここで使うため!

捨てずにきちんと置いておいて下さいね♪

【ブリックタイルシールLBT】の貼り終わりの部分が余白部分が残っている状態になっています。

この余白部分に、【ブリックタイルシールLBT】をカットした切り落としのタイルシールがちょうどきれいに当てはまるようになっています。

大きさとしては、タイル一枚の半分の大きさになります。

切り落とし部分を一枚ずつはがして、【ブリックタイルシールLBT】の端の白い部分に貼って行きます。

こちらも繋ぎ合わせる時と同様に、上下のタイル同士が交互に組み合わさるようにして貼って下さい。

下まで貼ると、このように端の部分がまっすぐに揃って自然な仕上がりになり、完成です。

遠くから見ると、繋ぎ目が自然な仕上がりなので、数枚の【ブリックタイルシールLBT】を繋ぎ合わせたように見えませんね♪

端の部分もきれいに仕上がっており、簡単に【ブリックタイルシールLBT】を貼ることが出来ました!

難しそうに見える【ブリックタイルシールLBT】のプチリフォームですが、ポイントだけ掴んでおけば、とっても簡単に【ブリックタイルシールLBT】を貼ってインテリアを変身させることが出来ちゃいますよ♪

【ブリックタイルシールLBT】を貼るための道具や材料も家にあるものだけでOK!

接着剤を乾燥させたりする時間も不要で、ちょっとした空き時間を使ってプチリフォームをすることが出来るので、忙しいパパママや、DIYに興味があるキッズと一緒にブリックタイルシールを貼ってプチリフォームを楽しんだりも出来ますね。

家族の大切なお気に入りスペースを、【LBTブリックタイルシール】を使って素敵に変身させてみてはいかがですか?

【実践編】LBTブリックタイルシールを使って洗面所をプチリフォーム

いざ【LBTブリックタイルシール】を使ってプチリフォームを楽しもう!と思っても、実際にどんなところに使えばいいの?と気になる方も多いのではないでしょうか?

【LBTブリックタイルシール】を使ったプチリフォームで人気なのが、洗面所のプチリフォームです。

水ハネによる汚れやカビが気になる洗面所まわりは、こまめなお掃除が必要だったり、お手入れも大変。

でも、こまめにお掃除したりするのも面倒だし、水ハネで鏡が汚れてしまうのもストレスになってしまう、とお困りの方もいらっしゃるのが現状。

でも、【LBTブリックタイルシール】は水ハネなどもさっと拭くだけでOKなので、お手入れもとっても簡単♪

そこで、実際に【LBTブリックタイルシール】を使って、洗面所のプチリフォームに挑戦していただきました!

洗面所のチャイルドミラーにLBTブリックタイルを貼ってクールにプチアレンジ♪

【LBTブリックタイルシール】を使って洗面スペースのプチリフォームに挑戦していただいたAさん。

元々は鏡だった洗面所の水回りに【LBTブリックタイルシール】を貼って洗面所をイメージチェンジしました。

洗面シンクの上にチャイルドミラーがあったため、水ハネが気になっていたというAさん。

こまめに水ハネを拭いたりしないといけないので、ちょっと拭くだけの作業でも毎日こまめにしないといけないとなるとストレスになっちゃいますよね・・・。

そんなお手入れが面倒なチャイルドミラーにホワイトの【LBTブリックタイルシール】を貼ってみました。

すると、洗面スペースがパッと明るくなり、清潔感もアップ!

マーブルホワイトの【LBTブリックタイルシール】をチャイルドミラーに貼ることで、洗面スペースがパッと明るくなり、圧迫感もなくなりました。

モノトーンの小物類を置いて、クールモダンなモノトーンインテリアの洗面スペースに生まれ変わり、とってもオシャレに♪

ドライフラワー等を飾ったりしてナチュラルなテイストも取り入れて、シンプルながらもこだわりいっぱいの洗面スペースに変身しました。

また、気になる水ハネもタオルで拭くだけでOKなので、お手入れもとっても楽になったそうです。

マーブルホワイトの材質がリアルなタイル地のようでオシャレですね♪

Aさんも綺麗に出来たと大変満足されていました。

ちょっとしたスペースのプチリフォームに使ってもぐっと雰囲気が変わるので、家の中のイメージチェンジにもとってもオススメですよ♪

ついてしまったカビ汚れの目隠しと水ハネ防止を兼ねてナチュラルテイストにチェンジ!

長年使っていた洗面スペースをリフォーム。

洗面台は新しいものに入れ替えされましたが、洗面台横の壁紙に染みついてしまったカビの黒ずみ汚れは取ることが出来ません。

壁紙を取り替えると大幅なコストと作業が必要ですが、【LBTブリックタイルシール】を取り入れてナチュラルテイストいっぱいの洗面スペースにイメージチェンジしました!

洗面台を新しく入れ替え、カビ汚れが気になるところに【LBTブリックタイルシール】を目隠し代わりに貼りました。

ジメジメした印象だったカビ汚れの上に【LBTブリックタイルシール】を貼るだけでとても清潔感のあるスペースに劇的に変身!

洗面スペースの水回り全般に【LBTブリックタイルシール】を貼ってアレンジされました。

洗面スペースだけでなく、横に置いている洗濯機周辺の壁にも【LBTブリックタイルシール】を貼って壁をプチリフォームしています。

洗面スペースや洗濯機回りは、壁の水ハネや汚れが気になるスペースでしたが、【LBTブリックタイルシール】を使って壁の汚れの目隠しと、水ハネによる汚れを防いでくれます。

水ハネやちょっとした汚れも拭き取るだけでいいので、今までよりもぐっとお手入れが楽になりますね。

また、ナチュラルなデザインの【LBTブリックタイルシール】が洗面スペースをオシャレで癒しのある空間にチェンジしました!

このように、水回りのプチリフォームにも【LBTブリックタイルシール】はピッタリです♪

壁の汚れが気になったり、水ハネを防ぎたい時などでも【LBTブリックタイルシール】を取り入れてお部屋を衛生的に保つことが出来ます。

LBTブリックタイルシールでお気に入りのインテリアアレンジを楽しんで♪

【LBTブリックタイルシール】のご紹介をいたしましたが、私でも出来そう!と思った方も多いのではないでしょうか?

貼るだけで簡単に憧れのタイル貼りインテリアを楽しめるので、ぜひインテリアのプチリフォームに取り入れてみて下さいね♪

【LBTブリックタイルシール】はDream Stickerで取り扱っています。

幅広いデザインを取り揃えていますので、ぜひ好みの一枚を見つけてみてはいかがですか?

\ SNSでシェアしよう! /

Dream Stickerの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dream Stickerの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新商品!【クッションシートフォームサブウェイタイル】の基本的な貼り方をご紹介

  • クッションシート フォームパネル/フォームモールディングの貼り方と実用例

  • 《クッションシート フォームタイル》を使った安心安全なプチリフォーム

  • 賃貸でも壁をオシャレに!「クッションシート フォームタイル」

  • モザイクタイルシール Q&A よくある質問

  • 賃貸住宅でも!マスキングテープを使ったクッションシート フォームブリックの貼り方